やわたグルコサミン|グルコサミンやったわ~

血糖値

新鮮ないちご

糖尿病を改善するにはまず血糖値を下げることが挙げられますが、一時的な血糖値を下げる効果だけでは糖尿病は改善しません。そこで検査の時には日常的に血糖値が正常値かどうかを確かめるためには、ヘモグロビンa1cの数値を見ます。ヘモグロビンa1cの数値は一時的な血糖値の変動だけでは変化しないため、血糖値が正常化しているかどうかを見るための目安になるものです。ヘモグロビンa1cを正常値にする効果のある健康食品はたくさんありますが、最近注目され始めたものが菊芋というものです。菊芋とはキク科の植物で根の部分が芋のように見えることから、このように名付けられました。一般的にはまだあまり知られていませんが、糖尿病の人の間では血糖値を日常的に下げる効果のある健康食品として人気があります。ちなみにこの健康食品はサプリメントとしても販売されていて、価格は国産品では1ヶ月分で約3,000円から6,000円位が相場です。

ところで菊芋の主成分はイヌリンと呼ばれている成分で、ほとんどこの成分が菊芋の全成分を占めています。イヌリンは天然のインスリンと呼ばれているもので、腸内の糖を排出することで血糖値の上昇を防いでヘモグロビンa1cを正常値へと改善していきます。またイヌリンには食物繊維と同じように、便秘を解消してデトックス効果があることもわかっています。糖尿病の人の中にはメタボリックシンドロームと診断されている人も少なくありませんが、ヘモグロビンa1cを正常化することで肥満も解消することができるのです。菊芋にはサプリメントのほかにも粉末状のお茶が販売されています。ただそのままお茶として飲むと芋特有の味がしますので、スープに混ぜたり料理に使用すると摂取しやすくなります。菊芋を毎日摂取し続けることでヘモグロビンa1cを正常値にし、糖尿病の早期改善につながります。